アイピルの飲み方、副作用を調べてみた

カプセルを飲んでいる女性

私の周りから聞いた情報と自分なりに調べてみた結果、アフターピルの中でもジェネリック医薬品であり、安くて人気もあるアイピルが信頼できると感じました。これまでは持っていなくても特に問題はありませんでしたが、こうして色々調べていると万が一の出来事が起きなかっただけなのかもしれないと思うようになりました。
今後、もしものことがあった時の為にもお守りとして、持つべきなのだと強く思います。購入前に、アイピルの飲み方や副作用について調べてみることにしました。

アイピルの飲むべき状況とは

悩む女性
今のタイミングでは、妊娠を望んでいないといった場合は避妊具を用いている方は多いでしょう。しかし、時に性行為後コンドームが破れている事に気づいたり、外れてしまっていたなど妊娠となる可能性があるかもしれないと思ったことはありませんか。そんな時、不安な気持ちが募り、ただ生理が来るのを待つのはイヤですよね。

また性行為自体望んでいない時、万が一性暴力の被害に遭ってしまった場合など絶対に妊娠は避けたい時に女性が出来ることがアイピルの使用なのです。
逆をいえば、身体に大きな負担を与える薬なので軽い気持ちで性行為を行った後に飲むという状況での服用は決して良いことでは無いのでおすすめ出来ません。

1錠の服用で避妊効果が期待できるアフターピル

アイピルは性行為後、72時間以内に水で服用します。その際、できるだけ早く服用することで避妊効果は高くあらわれます。効果とは24時間以内の場合は約95%、72時間以内で約75%とも言われています。

服用時、万が一の嘔吐を防ぐなら食事の後に服用することがオススメです。もし、服用後3時間以内に吐き気を催し、嘔吐してしまった場合は消化される前に薬を吐き出してしまっています。そのため、吐き気が治まるのを待って再度アイピルを服用することが必要です。嘔吐しても3時間以上経過している場合は吸収されているため、再度服用する必要はありません。服用後は、安静にするようにしましょう。

そして、3日~3週間以内に不正出血が起こると、避妊が成功したという証です。これは受精卵が着床しないように子宮内膜が剥がされることで不正出血として、体外に排出されるようになっています。生理と同じようなしくみですね。もし、3週間が経過しても出血がない場合は妊娠の可能性があります。早急に妊娠検査薬もしくは、病院で妊娠の検査を行うようにしましょう。

アイピルは「どうしても必要」という時だけの服用が良い

どうしても必要な時
アイピルを含めたアフターピルは性行為後に服用することで、体内のホルモンバランスをわざと乱して子宮内膜を無理に剥がすよう促します。そうすれば受精したとしても、着床させないようにするのです。通常は女性の身体にとって、美容や健康の為にもホルモンバランスは安定した状態が良いのです。しかし、アイピルの働きをみることで分かるように、身体にとって良いとは言えません。実際に副作用も引き起こすので、それは負担が大きいことを表しています。また、通販で購入することで比較的安いですが、市販されている風邪薬などと比べると1錠¥1,000~¥2,000円程と高価なので、体調面でも金銭面からみても継続して服用するには不向きなのです。

アイピルの副作用って?

服用することで、人の体では自然に作られない量のホルモンを大量に摂取するので、副作用も起こりやすくなります。その症状には、吐き気や頭痛、不正出血、嘔吐、下腹部の痛み、めまい、倦怠感、乳房が張るなどさまざまです。これらの副作用は通常、服用後1~2日程度で収まります。しかし、症状が悪化したりなかなか治らないといった方は医師または薬剤師に相談するようにしましょう。

より確実に避妊したい方は低用量ピルを常用した方が良い

妊娠検査薬をみている女性
アフターピルであるアイピルは、緊急避妊薬の為一時的に女性ホルモンを急激に増やすことで避妊効果をもたらしますが、その分身体に負担もあります。そのため、より確実に妊娠を避けたいという方は、低用量ピルの服用をおすすめします。毎日なるべく同じ時間帯に服用することで排卵自体を起こさないようにする働きを持っているのが低用量ピルです。もし、排卵をしても子宮内膜の成長も抑制される上に、子宮内の粘膜も変化させるので精子が子宮へ入りずらいという、受精卵がとても着床しずらい状況を作ります。低用量ピルの避妊率はほぼ100%とも言われているのです。

また、アフターピルとは違い女性ホルモンの量を少なくしてできたピルなので、同時に副作用も抑えられています。毎日続けて服用することでホルモンバランスが整えられ、生理周期が一定となり生理痛が緩和されます。

自分の身体は女性自身が守るべき

力になるイメージ
あなたは、避妊対策を男性に任せきりではありませんか。毎回、コンドームを使用しているから絶対安心という訳ではありません。それでも約3%~約12%は妊娠してしまう可能性があるのです。もしそうなった時、男性も認知して問題無く出産までたどり着ければ良いですが、自身の会社側にも理解をしてもらうことも必要な上に、女性自身が納得できなければ精神が安定しないはずなので、お腹の子どもにまで影響は出てしまいます。

そうならない為にも、女性自身が妊娠を望んでいない場合は自身で普段から低用量ピルを服用したり、もしもの時のアフターピルをお守りとして持っておくことが必要でしょう。自身の身体を自分で守るためにも、これからピルとの付き合い方を考えてみてはいかがでしょうか。

SNSでもご購読できます。