女性の身体を守るために、強い味方になってくれる低用量ピル

守る手のイメージ

「ピル」と聞くと、避妊のために服用していると勘違いされる方も多いと思います。しかし。現代、一般的に「ピル」と呼ばれているものは低用量ピルです。アフターピルと同じように避妊効果もありますが、服用を続けることで女性ホルモンのバランスを整えてくれることも分かっているため、その後者の効果を期待して服用する女性が多いのです。

その効果とは、生理痛の軽減や生理不順の改善、子宮内膜症など婦人系疾患の予防・改善、にきびや多毛症の改善につながるとも言われています。避妊を含めた、これほどの効果が期待できる低用量ピルは女性の身体を守る、強い味方になってくれるものなのです。

低用量ピルのしくみ

アフターピルにも共通して言えることですが、低用量ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれています。これらは女性ホルモンで、そのホルモンバランスによって排卵や月経は引き起こされています。

ピルを服用することで血中のホルモン量が増え、脳が排卵後の状態だと勘違いをして、排卵を抑制する働きがあるのです。そして、黄体ホルモンの働きで、子宮頚管の粘膜や子宮内膜を変化させることで受精卵が出来にくい、つまり妊娠しにくい子宮環境にするのです。この働きが、ピルの避妊効果につながります。

生理痛軽減や生理不順の改善にも効果があるのは…

緩和されるイメージ
低用量ピルの服用によって、血中のホルモンは一定に保たれます。そのおかげで、ホルモンバランスは保たれるのです。そして、脳は排卵していると勘違いをしていても実際には排卵はされておらず妊娠もしていないので、子宮内膜が厚くなることを防ぎます。

生理痛の原因はいろいろありますが、子宮内膜が厚くなってしまうことも原因の一つと言われています。それを防ぐ低用量ピルは生理痛も和らげながら、結果的に月経の出血量も減らすことが出来ます。低用量ピルの服用中は、排卵が起こらない為に妊娠もしにくく、月経があっても無排卵月経を起こしているということになります。

毎日飲むことが大事

基本的に低用量ピルは4週間が1つのサイクルとなっているので、月経の初日から服用するようにしましょう。できるだけ、同時刻に毎日1錠ずつ服用するのを3週間続けます。そして、2~3日も経たずに生理が起こります。その1週間は薬の服用を休む、ということを繰り返します。

もし飲み忘れることがあった時は…

ショックを受ける女性
飲み忘れに気付いたら、いつも服用している時間帯からのズレを確認しましょう。それが半日程で、すぐ服用できれば薬の効果は変わらず継続されます。もし24時間空いてしまった時には、翌日に2錠をまとめて服用しましょう。少し効果に差はあるかもしれませんが、それほど問題ではありません。
ただ2日以上飲み忘れが続いた場合、薬の働きは途切れてしまうので飲み忘れた日から、1週間服用を休んだ後に改めて飲み始めましょう。

21錠タイプ、28錠タイプに分かれる低用量ピル

2つに分かれるドミノ
同じ成分が含まれている低用量ピルですが、21錠で1シートのものと28錠で1シートになるものに分かれます。それは、薬の服用を休む期間があるか無いかの違いだけなのです。

21錠タイプ

月経初日から21日間、毎日なるべく決めた時間に服用します。そして、1週間は服用をやめることで月経が起こるのです。7日が経過したら、次のシートの服用を開始するという繰り返しになります。

28錠タイプ

21錠タイプと同じように、月経初日から毎日服用します。なるべく同じ時間帯で、服用を続けて21日分を飲み終えると、後の薬は飲み忘れを防ぐための偽物の薬(プラシーボ)なのです。その偽物の薬を飲んでいる間に月経が起きて、全て飲み終わったら次のシートの服用を開始するようにしましょう。
※プラシーボは、薬効成分を含まない薬を指す言葉です。

飲み忘れをしてしまいそうな方は、28錠タイプから飲み始めて毎日服用する、という癖をつけることから始めてもいいかもしれません。

副作用も引き起こす可能性には注意が必要

過去に、中用量ピルが一般的に用いられていた時は副作用が、現在よりも強かったと言われています。しかし、その副作用を抑制するために低用量ピルが開発されているので、前ほどの症状は出ないと考えていいでしょう。

しかし、ホルモンバランスを整えるといっても意図的に変化を起こすことに、変わりは無いので多少、副作用が出てしまうことも否めません。副作用には、軽い吐き気や、不正出血、腹痛、胸の張りや痛み、食欲増進、むくみ、倦怠感などさまざまあります。これらの症状は2~3日、長くても5日程度ではおさまります。もし、症状が悪化したり数日経ってもよくならない場合は病院を受診しましょう。

低用量ピルを購入したいと思ったら!

病院を受診
日本では薬事法により、市販での購入ができないのが低用量ピルです。そのため、病院での処方もしくは個人輸入代行通販サイトから購入するしかありません。一体、どちらが良い購入方法なのでしょう。

病院での処方

診察や検査料などが発生するため、¥7,000円~¥15,000円程のもの費用がかかる場合もあります。それは避妊薬の場合、保険適用外になるので金銭面での負担が大きくなる上に、その時に服用する1回分しか処方されません。しかし、医師に直接話を聞けるので、体質や体調に合わせた薬を処方してもらえるでしょう。

個人輸入代行通販

海外医薬品の個人輸入代行通販サイトであれば、病院からの処方に比べると、その2割~1割程度という最安値で購入が可能です。ただし、自分で使用するだけを目的とした場合のみ購入が可能なのです。

また、実物を見ることはできないため、あまりに安すぎるものは偽物の可能性もあるので、いくつかのサイトで金額を比較して相場を見極めてから購入を検討しましょう。さらに、口コミや評価なども見てみて、信頼できるサイトで購入することも大事になります。

自分にあった、低用量ピルを探す

合う薬を探すイメージ
これまでのことを、低用量ピルの使用・購入の検討をしましょう。ピルの服用自体が初めての方は、始めは病院で処方されたものを服用して、副作用などの影響はでないかどうか様子を見てみるとその後は安心して、低用量ピルの服用を継続できるのではないでしょうか。

さらに、低用量ピルに血流を固まりやすくする働きもある為、血栓症に陥りやすくなります。喫煙中の方や高血圧、監修お害、心疾患、腎疾患などの人には処方は禁止されているので、気になることがありながらも低用量ピルの服用を希望される人は、病院の受診をオススメします。きちんと自分自身にあった低用量ピルを探しましょう。

SNSでもご購読できます。