この数年で、アフターピルを携行している人がとても増えてきました。それはいざという時のためです。男女の中で性行為をする時には、避妊をすることがお互いの愛を再確認したり、さらに思いを深めるためにも必要なことです。

しかし不幸にしてコンドームが破けたりして、避妊に失敗することと少なくないでしょう。ましてや、一時的な関係で思わず男女の関係になってしまったという予期していなかったハプニング・ラブとあったりと、事前の心構えができていなかったために妊娠という悩ましいことにもなりかねません。

その時の為に、アフターピルがあるのです。
アフターピルは、低用量ピルのように毎日飲む必要がなく、性行為後の服用で使える避妊薬です。

アフターピルの中のアイピル

アフターピルは、国内ではノルレボ錠という薬が製薬メーカーから出されています。前出しのようにコンドームが破けたり、突然の出会いで情事的な関係から、自分が望まない性行為になってしまった時に力を発揮してくれます。

その時に緊急避難策として出されたノルレボ錠なのですが、それよりももっと人気が高まっているアフターピルがアイピルです。これはノルレボ錠のジェネリック医薬品なので、正しい使い方をすれば、全く遜色なく避妊効果を出すことができるのです。

では、どうしてアイピルに人気が高まってきているのでしょうか?

アフターピルは、専門医の処方が必要

専門医からの処方箋が必要
実はノルレボ錠は、病院の処方がないと購入することができません。コンドームのように、街の中にあるドラッグストアでは購入することができないのです。処方してくれる専門医と言えば産婦人科、あるいは婦人科です。

「妊娠したのでは?」と不安になって病院を訪れ診察を受けることに抵抗を感じる女性の人が結構いらっしゃるものです。
ましてや、パートナーの付き添いもなく自分1人で病院に足を運ぶことは、かなり辛いことでもあります。

しかし、アイピルは婦人科の処方が無くても購入することができるのです。但し市販はされていないので、インターネットによる通販での購入です。
正確には、個人による輸入という形態です。しかし、そのおかげですぐに1人でオーダーすることができるので抵抗感がないと人気が集まっていると思われるのです。

費用もリーズナブル

また、費用が安いことも人気の理由です。ノルレボ錠は保険適用外の薬のために費用が高額になり、10,000円以上にはなろうかと思われます。避妊に失敗して「中絶手術になるかも」考えると、まだ安い選択肢ではありますが決して安くはありません。

しかし、アイピルは1,000~2,000円程とノルレボと比較しても、驚くくらい安いのです。これも人気の理由なのです。避妊効果がノルレボ錠と同じであれば、安い値段に越したことはありません。

避妊効果を高めるためにも

バッグにアフターピルを入れておく
またインターネットで安く買えることと同時にネット通販なので、手軽に買えることにも改めて着目していくと、もう1つメリットがあることが分かってきます。それは簡単に手に入る上に、複数個買うこともできるので常に肌身離さず自分のバックの中に入れておくことかできるということです。
常に携行しているので万が一避妊が失敗したり、予期せぬ性行為に出くわしてもすぐにアイピルを飲むことができるのです。

「そんなに焦らず、ゆっくりと飲めばいいじゃない?」
と思われるかとしれませんが、それはアフターピルの特徴を知っておくと理解できるようになります。

アフターピルには時間的な制約がある

ノルレポ錠もアイピルも避妊効果を確実にするためには、効果のある時間内に服用する必要があります。性行為後、遅くとも72時間以がタイムリミットなのです。アフターピルは、受精卵が着床する前に生理を強制的に引き起こさせる働きを促します。

しかし72時間を越してしまうと、すでに着床しているために、避妊効果が無くなってしまうのです。このようなことから、できる限り早くアフターピルを飲まなければなりません。72時間以内であっても低用量ピルほどの避妊率は望めませんので、すぐにでも飲みたいところです。
しかしノルレボ錠は病院の処方が必要なので、それだけでも時間的なロスは馬鹿になりません。したがって、アイピルのように簡単に買うことができる薬に人気が集まっても不思議ではないのです。

副作用があることも知っておきしょう

アイピルの副作用には注意
簡単に購入できるアイピルなので本当に困った時には、とても助かる薬です。但しアイピルにしてもノルレボにしても、ホルモンバランスを変化させる働きがあるので副作用が出てくる可能性が大きいことは知っておいてください。個人差はあるものの、腹痛や嘔吐感が出てくることが多くあります。

特に嘔吐してしまった時は、アイピルの再服用が必要になってきますので、特性と対処法も理解しておきたいところです。結果的には、緊急避難的な避妊薬であることは事実なので、普段からの避妊を優先させることが大事です。