アフターピルの中でもアイピルが安心!

クローバーとリボン

普段気をつけていても、性行為時にコンドームや避妊具が破れたり外れたりしてしまって望まない妊娠をしてしまう可能性がある場合に助けになってくれるのが、アフターピルなのです。そのため、緊急避妊薬や事後避妊薬とも呼ばれています。私の周りでも、「もしもの時の為に持っておこう」という女性も多いです。

しかし、産婦人科などの病院で薬を処方してもらうことに、少なからず抵抗があったり保険がきかないから高いから…と諦めている方はいないでしょうか。実際私も、アフターピルを手元に置いておいた方が良いことは分かっていても、病院でもらうことが出来ずにいました。そんな時に通販でも、購入できることを友人に教えてもらったのです。いろいろなアフターピルがあるので周りの人から話を聞いたり、調べたりしてみると「アイピル」が安心できて避妊効果も高いことが分かってきました。

アイピルの信用性が高い理由

胸に手を当てる女性
いろいろなアフターピルについて教えたもらった時に私が一番安心して持っていていいかなと感じたのが、アイピルでした。それは日本の病院でアフターピルとして処方されている、ノルレボ錠という薬がジェネリック医薬品として販売されていることが大きな理由です。

ジェネリック医薬品であるということは、病院から処方される薬と同じ成分で製造されている上にそれまで長く使用されてきている成分なので、安心できました。また、アフターピルによっては最初の服用から12時間後にもう一度同じように服用しなければいけない薬もあります。その場合、2回目を飲み忘れてしまう可能性も考えると、アイピルは72時間以内に1回服用するだけで良いので私自身は確実性があるかなと感じました。

なぜ1回の服用と2回の服用に分かれるのか

アフターピルは一般的な薬のように、1回1錠だったり2錠だったりと種類によってはさまざまですが、現在通販などで購入できるものは1回1錠の薬が多いようです。それは、現在までのピルを用いた2つの緊急避妊法が関係していたのです。その方法はヤッペ法とノルレボ法といわれます。

ヤッペ法

現在は広く用いられているノルレボ法が承認される前に使用されていた緊急避妊法。最初の服用から12時間後に2錠目を飲むことが必須。しかし、副作用も強く吐き気や嘔吐などを引き起こしやすくなるという。避妊率は75%前後。

ノルレボ法

レボノルゲストレルという成分が主に含まれているノルレボ錠を1錠服用するだけで済む方法。2011年に新たに承認された、緊急避妊法。ヤッペ法に比べ、副作用も少ない上に避妊率は84%前後で効果は高い。

この服用方法の違いや副作用の軽さ、避妊失敗率の高さから、ノルレボ法が主流にはなってきていますが、まだどちらの方法も残っているのが現状のようです。

病院で買うより通販が格安!

インターネットしている手元
アフターピルは保険適用外なので、病院で処方してもらおうとすると診察代なども含まれるので5000円~2万円程の費用がかかってしまいます。その上、医師の診断でアフターピルが必要と診断された場合のみ処方される薬なので、1回分のみの処方なのです。高額ですが、予備などとして多めに処方されることはありません。

それが通販であれば、価格も1000円~2000円前後のものから購入することができます。さらには、アイピルはアフターピルの中でも安いのにジェネリック医薬品であるということもあって若い女性には人気のピルがアイピルなのです。ただし、性行為後72時間以内の正しい服用が必要になってくる為、通販で購入する場合は届くまでにどれほどかかるのか確認が必須です。病院で買うより通販での購入が格安ですが、事前に購入しておくことが良さそうですね。

アイピル最安値の詳細はこちら

不安な人は初回だけでも診察することがオススメ

アフターピルは妊娠するまでの過程に起こる受精や着床などをしないように、数日で生理の症状を引き起こすような働きをします。そのため、副作用で頭痛や吐き気を伴う人もいて、ヤッペ法に比べてノルレボ法を用いているアフターピルの副作用が軽いと言われていますが、症状は人によってそれぞれなので確実とはいえないでしょう。
体調面や副作用などで不安なことがある方は、始めだけでも産婦人科などの病院を受診することをお勧めします。そして、次のもしもの時に持っておこうと思った時に通販を利用することも良いかもしれませんね。

アフターピルで命の危険にさらされる人もいる!?

ヘビースモーカーの方や糖尿病、高血圧の方はアフターピルを飲まないようにしてください。それは、ピルに含まれている卵胞ホルモンとなるエストロゲンと黄体ホルモンとなるプロゲステロンが大きく関係しています。これらの物質は女性ホルモンと呼ばれるものですが、血液が固まりやすくなってしまう危険性があるのです。そのため、肥満の方も注意が必要と言えるかもしれません。

また、妊娠中の方は女性ホルモンが多く分泌されているので母体への悪影響が考えられます。そのほかにも子宮体がんや何か持病がある方、手術後や手術予定の方も服用出来なので、どうしても必要な時は必ず病院を受診するようにしましょう。

アイピルが私を緊急時から救ってくれる

小さいギフトボックスを持つ女性
こうして改めて周りに聞いたり、調べたりしてみると今までは必要になることが無かったから良かったけど、これからはしっかり備えておくことも必要だなと感じました。その時になって慌てて何も分からないとその方が怖いと感じるはずです。そして、どうしたらいいのか分からず、時間が過ぎてどうにもならなくなってしまうかもしれません。

そのようなことが無いように、もし身近な人にアフターピルの大事さを知らない人がいれば教えた方がその人の為にもなるだろうし、私もしっかり理解していくことが大事だと思いました。それほどアイピルは、もしもの時に女性の力になってくれます。アイピルは女性のお守りの役割をしてくれるのではないでしょうか。

関連記事◆女性に人気の高いアイピルを知る